経営理念

監査法人Ks Lab. 経営理念

当監査法人は、2017年7月に様々な業界・業務を経験した現在の社員メンバーにより今後の監査業界の変革に対応するために設立しました。当監査法人のロゴであるKANgAROOは、前進しかできない動物を表章するものであり、当監査法人も「STEP FORWARD TOGETHER」のスローガンのもと、いかなる状況においても利害関係者との密接なコミュニケーションを通じて常に業務を推進させ、当監査法人のみならず、利害関係者と共に、企業としての社会的責任を果たすことができるよう最善を尽くします。

上記目的を達成するため、当監査法人は次のような経営理念のもと業務を推進致します。

 

  1. 職業倫理の徹底

    メンバー全員が利害関係者の満足度を常に念頭に行動し、個人の満足度を優先させるような行動は行わない。

  2. 組織風土の醸成

    フラットな組織体制による自由活発なコミュニケーションによる情報の共有及び相互に助け合い、尊重し、成長することを可能にする組織風土を醸成する。

  3. 業務適正化のための人材登用

    業務適正化のため、公認会計士以外の人材の登用及び他の専門家との提携することにより様々な視点を取り入れる。そのため、各メンバーの働き方について一定程度の自主性を許容し、より多くのメンバーが参画できるような環境を作る。

  4. ITの導入

    効果的、効率的な業務を推進するため、セキュリティ対策等の品質管理レベルを一定水準以上に維持し、積極的にITの導入を行い、ITリテラシーの高い人材を育成する。

  5. マネジメント資質の向上

    社員は、常に法人のマネジメントであるという自覚をもち、積極的かつ自主的に経営に参加し、常に組織運営の改善を行うとともに、他のメンバーの模範となるような行動を行うものとする。特に、トップマネジメントはリーダーシップを発揮し、メンバー全員に法人のビジョンを共有することにより、法人の適正な運営を維持し、発展に最大限貢献する。

統括代表社員
八田 和信